新CPU Broadwellの性能と比較!

Intel CPU

このページのURL(リンク/シェア用) http://xn--bto-jk4byb3g7j.com/blog/2015/cpu3.html

現行世代最後のCPU、Broadwellがようやく発売となりました。Haswell~Haswell Refreshを続いたソケットLGA1150もこのBroadwellで終息となる予定です。このあとにはSkylakeと呼ばれる新CPUが控えており、マザーボードのソケットはLGA1151、チップセットはZ170とH170(もっと安価なチップセットもあります。)となるので現行機との互換性は無くなります。

Skylakeの発売が8月~9月と言われているので、なんとも微妙な時期での新CPU発売です。さてこのBroadwell。実際に発売されたのはCore i5 5675CとCore i7 5775Cの2種類のみ。細かなグレード分けは無く、Intel自身もあまり力を入れていない気がします。

Haswell Refreshと置き換わるような感じでは無いですね。簡単に各CPUのスペックを確認してみましょう。黄色が新たに追加されたBroadwellになります。

CPUスペック比較表

項目 Core i5 4690 Core i5 5675C Core i7 4790 Core i7 5775C
コア/スレッド444/84/8
クロック3.5GHz3.1Ghz3.6GHz3.3GHz
TB/TC3.9GHz3.6GHz4GHz3.7GHz
キャッシュ6MB4MB8MB6MB
グラフィックスIntel HD Graphics 4600Iris Pro Graphics 6200Intel HD Graphics 4600Iris Pro Graphics 6200
TDP54W37W84W65W
価格28800円38800円39800円52800円

価格はPCパーツショップや大手の価格を参考にしています。PCパーツは初期不良も多いので、再安値付近のお店よりアフターサービスが期待できるちゃんとしたPCパーツ屋や大手で購入した方が良いためです。

スペックを見るとTDPが下がったぐらいでクロックやキャッシュは逆に減っています。設計が異なるようになるので単純にクロックやキャッシュだけで判断できるものではないですが、クロックやキャッシュが抑えられTDPも下がったとなると性能よりもバランス重視なコンセプトのCPUではないかと思います。

次に性能ですが、残念ながらまだ主要ベンチマークであるPassMarkの数字は出ていないようです。様々なメディアのベンチマークテストの結果をまとめると、CPUの性能は旧Core iと同程度、逆にグラフィックス性能は2倍近い向上となっているようです。

CPUの性能は新CPUが1~2%上回ることもあれば逆に下回ることもあったりとどうやら誤差程度の性能差の模様。クロックやキャッシュが旧CPUより下がっていることを考えると設計効率が向上していることがわかります。

内蔵グラフィックスの性能は新型になったので大幅に伸びました。最近のIntel CPUの傾向通り、CPUの性能向上はそこそこにグラフィックス性能が大幅に上がるという結果になっています。とはいえ倍になったからといっても以前のグラボとの比較から推察すると9600GT程度。

現行エントリークラスのグラボであるGTX750の半分程度の性能なのでグラボの代わりとはならなさそうです。

新CPU Broadwell 性能比較まとめ

CPUの性能はほとんど変わらず誤差ぐらい。グラフィックス性能は大幅に伸びたので、QSVを使用した動画のエンコードには力を発揮しそう。TDPも下がっているものの、グラフィックス性能の向上によりグラフィックス性能に負荷を掛けると旧CPUよりも消費電力は高くなる傾向にあるようです。

旧CPUと比べると価格差が大きく、グラフィックス性能もグラボの代わりとまではいかないため、動画のエンコードを主にする人以外には恩恵は低そうです。正直これなら旧CPUの方がイイかなー。

僕は最近のCPUグラフィックスの性能を上げる傾向には否定的な立場です。CPUのグラフィックス性能をいくら上げてもグラボの代わりにならないと恩恵を得られるのは動画エンコードをする一部の人だけなんですよね。

また、例えばGTX960ぐらいの性能にまでなったとしても、GTX970以上のグラボを選択する人にはその性能は無駄になります。その分、CPUの価格が上がるとなるとホント無駄ですね。グラボを積めないモバイル向けならわかるのですがデスクトップ向けはCPUとグラフィックスは分離して考えて欲しいものです。

2Dや動画再生機能は旧CPUのグラフィックス性能でも十分なので、あとはH.265(最新のエンコード方式)対応とかその辺だけで十分な気がします。次期CPUのSkylakeではCPU単体の性能向上に期待したいところですがどうかなー。

PAGE TOP