スペックで考えるスティック型パソコン

スティック型パソコン

このページのURL(リンク/シェア用) http://xn--bto-jk4byb3g7j.com/blog/2015/penpc.html

マウスコンピューターを皮切りに、各社から販売されはじめたスティック型パソコン。大本命のIntelからも発売され、現在注目を浴びています。果たしてスティック型パソコンは買いなのか?まずはスペックを見てみたいと思います。

主流のスティック型パソコン

項目 マウス
m-Stick
マウス
MS-PS01F
FRONTIER
Palm Stick
Intel
Compute Stick
エプソン
Endeavor SY01
iiyama
Picoretta
CPUAtom Z3735F
OSWindows 8.1 with Bing 32bit
メモリ2GB
HDD(eMMC)32/64GB32GB
解像度1920×1080
接続方法HDMI
USB2.0フルサイズUSB2.0×1
冷却ファン---
価格(税込)19800/25800円20800円18360円22140円19440円19800円

価格は公式価格を表示しています。

性能のスペックは全部一緒ですね。マウスコンピューターのm-Stickだけ64GB版が用意されていますが、あとは全部32GBで統一です。違いはファンの有無と見た目ぐらいとなっています。

注意しないといけないのは発熱に関してです。マウスコンピューターのm-Stickは発熱が高くまともに動かないことで有名で、追加のヒートシンクを付けたりファンを付けたりと有名メディアが魔改造されています。 週刊アスキー m-Stick

この時点でマウスコンピューターのm-Stickは外れます。新型のMS-PS01Fはファンを搭載してきたので、マウスコンピューター自身、発熱の高さを認めているのだと思います。

残りのファンレスはどうでしょう。まずはFRONTIERのPalm Stick。中身はこんな感じでヒートシンクが大型化されています。このPalm StickはECSのOEMと言われています。

Palm Stick

ECS PCoS
スティック型パソコン

右下がPalm Stickに似てますね。左側はMS-PS01Fそっくりです。実はどれもこれもECSのOEMではないかと思われます。右上はIntelやエプソンのスティック型PCによく似ています。

m-StickとiiyamaのPicorettaはPC Watchに殻割りの画像が出ていたのでとりあえずこちらを確認して下さい。 PC Watch

Picorettaの中身はPalm Stickとそっくりです。やはりこちらもECSのOEMで外側だけ変えたものではないかと思われます。m-Stickよりはヒートシンクが大型化しているので、ファンレスで選ぶならPalm StickかPicorettaとなります。

次にファン付きのスティック型パソコンはどうでしょう。こちらもおそらくECSのOEMなので中身はファンレスと似たようなもの。ファンが有るだけに冷却性では有利です。正直どれも似たようなものだと思うので、あとはサポートと価格で決めて良いと思います。

ファンレスは大型化してもまだ不安が残るのでどちらかと言えばファン付きがオススメ。そのなかではサポートに定評のあるエプソンでしょうか。価格も安めに設定されています。ただ、スペックを良く見て下さい。そう、スティック型のパソコンのスペックは安価なタブレットとまったく同じなんです。

例えばiiyamaの8P1150T-AT-FEM。8インチタブレットで性能は同じ。タブレットの解像度は1280×800ですが、mini HDMI端子を使って外部ディスプレイへ出力すれば1920×1080可能と思います。実際に試したことはないので正確にはわかりませんが、CPUグラフィックス自体は1920×1080の解像度をサポートしているのでおそらく大丈夫かと。で、価格は22464円(税込)。

スティック型パソコンよりこっちの方がイイと思いませんか? 外部ディスプレイ必須のスティック型PCと違ってタブレットだと何もなくても使えます。充電しておけば電源も必要ありません。発熱もスティック型より大型なので余裕があります。

個人的にはお遊び以外ではスティック型パソコンを買う気にはなれないですね。

・結論!スティック型PCの購入を検討するならタブレットも検討すべし!

手のひらサイズのスティック型パソコンは確かに心揺さぶられる遊び心があると思いますが、スペックや価格、使い勝手を考えると微妙と思います。冷却への心配からファン付きモデルがオススメとなるものの、ファンが付くと今度はファンの故障リスクも付いてきます。

ファンや光学ドライブ、HDDといったスピンドル製品は故障率が高いんですよね。で、小型のファンだと尚更悪い印象です。大きめなファンより精密さを求められるのか連続稼働や衝撃への耐久性が低くなるのかわかりませんが、小型ファンは壊れやすい印象を持っています。総合的に考えるとやはりタブレットの方が良いように思います。

タブレットの情報はこちら Windowsタブレット特集 2015

PAGE TOP