どんなゲームでも遊べるゲーミングパソコンを徹底比較!

ゲーミングパソコンを徹底比較!

このページのURL(リンク/シェア用) http://xn--bto-jk4byb3g7j.com/gamingpc.html

各社ゲーミングパソコンスペック表

店名 ツクモ ドスパラ マウス
コンピューター
サイコム ストーム エプソン
モデル G-GEAR
MGS V
GALLERIA
XT
im550SA8
-SP2
G-Master
H97-MGSV
Storm Power
Gamer
Evolution
MR7300
650W
OS Win8.1 64bit Win8.1 64bit Win8.1 64bit Win8.1 64bit Win8.1 64bit Win8.1 64bit
CPU Core i7 4790 Core i7 4790 Core i7 4790 Core i7 4790 Core i7 4790 Core i7 4790
グラフィックス GTX960 GTX960 GTX960 GTX960 MSI製 GTX960 GTX760
メモリ 8GB
PC3-12800
(4GB×2)
8GB
PC3-12800
(4GB×2)
8GB
PC3-12800
(8GB×1)
8GB
PC3-12800
(4GB×2)
8GB
PC3-12800
(4GB×2)
8GB
PC3-12800
(4GB×2)
HDD 1TB
5700rpm
2TB 500GB
7200rpm
500GB
7200rpm
500GB
7200rpm
500GB
7200rpm
マザーボード ASUS
H97-PLUS
H97 ATX H81 M-ATX GIGABYTE
GA-H97-D3H
ASRock
H97 Pro4
H97
チップセット
ドライブ DVD DVD DVD DVD DVD DVD
電源 500W GPK500S
80PLUS BRONZE
500W AcBel
80PLUS BRONZE
500W 80PLUS
SILVER
650W RA-650S
80PLUS SILVER
600W HEC-RP2
80PLUS BRONZE
650W
価格(税別) 117800円 129620円 114800円 135333円 102988円 151400円

ゲーミングパソコンの比較と評価ポイント

まず比較したBTOパソコンの特徴ですが、各社のMETAL GEAR SOLID V GROUND ZEROES推奨モデルを基本として構成を合わせるようにカスタマイズしています。

極力同じ条件になるように調整しているのですが、少しずつ異なるところがあるのでシッカリと比較していきます。表の見方ですが、赤色が一番良く、次に黄色です。白色は同じか大差ないもの、灰色は悪い評価となっています。

構成の基本としては、CPUがCore i7 4790、メモリ 8GB、グラフィックスボードがGTX960。エプソンはGTX960が選択肢になかったので前モデルのGTX760となっています。スペック的にはこれぐらいの性能があれば極一部の特殊な3Dゲームを除いて大抵のゲームで快適にプレイすることが可能です。

注目のポイントとしてはまずは電源。ゲーミングPCともなるとさすがに各社質の高い電源を搭載してきています。万能パソコンでは少なかった80 PLUS認証が増え、マウスコンピューターとサイコムはSILVER認証。BRONZEより上のクラスになります。容量も最低500Wからと、各社気を使っているのが見てとれます。エプソンは記載がなかったのですがそれでも650W電源なので気を使ってますね。

容量については、ストームやサイコムのように600Wぐらい欲しいところではありますが、GTX760からGTX960になって消費電力が50W下がったので500Wでも及第点。おそらく高負荷時の消費電力は250W前後となるはずです。エプソンはGTX760なので300W前後ですね。

次のポイントはマザーボードです。電源には気を使っていたマウスコンピューターがまさかのH81チップセット。しかもM-ATXであからさまにコストカットしてきています。万能パソコンではH81 M-ATXが多かったのですが、負荷が強くなるゲーミングPCでH81 M-ATXを採用しているのはマウスコンピューターだけです。H81はローエンドなので、使われている部材もチープ(安物)なんですよね。これは大きなマイナスです。

『マウスコンピューターは電源が弱い』とネットの評判ではよく言われているのですが、万能パソコンでも電源は80 PLUSを使っていたので悪評を消すために電源には力を入れ、代わりにマザーボードでコストカットをしてきているようです。ちなみにメモリもマウスコンピューターだけ8GB×1枚のシングルチャンネル。ここでもコストカットの努力が見てとれます。

他の各社を見てみるとマザーボードはH97 ATXで横並び。エプソンはATXかM-ATXか表記が無かったですが、H97チップセットです。ツクモはASUS H97-PLUS、サイコムはGIGABYTE GA-H97-UD3、ストームはASRockH97 Pro4と似たようなグレードながらASRockはBIOS自動復旧機能が無いので少し下と評価します。

BIOSの自動復旧機能は結構重要で、BIOSが壊れることはそうはないものながら故障するときの原因になることは意外と多いというやっかいなものなので、個人的にBIOS自動復旧機能は必須と思っています。しかし赤色にするほど差はないと思うので黄色にしています。

メモリは4GB×2枚のデュアルチャンネル仕様。まぁ、マウスコンピューターが特殊なだけでこれが普通です(笑)。ただ、メモリを16GBにするならマウスコンピューターも8GB×2枚にできるので、差は無くなります。

HDDはこれ、ツクモは失敗しましたね。1TBと容量は大きいながらも回転数が5700rpmと低いです。ゲーミングPCではHDDの速度も重要なので、1TBといえど500GB 7200rpmと同評価としています。ドスパラは回転数の表示がなかったものの、2TBなので黄色としています。2TBの7200rpmは意外と少なく、5200rpmや可変式の可能性も高いので赤色とまではいきません。

以上を踏まえて、価格を比較していきましょう。Evolution(限定版)であるストームが抜けて安いです。あえて難点を挙げるとすればサイトがわかりにくいことぐらいでしょうか(笑)。ちょっとカスタマイズがやりにくかったです。

マウスコンピューターとツクモは大差ありません。マウスコンピューターの電源が80PLUS SILVERであることを考えても、マザーボードがH81 M-ATXなのとツクモはHDDが1TBなのを考えると大差ないと思います。

どちらを選ぶかとなると、電源もマザーボードもそれなりのツクモ。マウスコンピューターはマザーボードが弱いのが致命的。『電源だけ強化してもダメですよ』と。ツクモはOSメディアが付属するのもポイントが高いですね。ナショナルブランドやノートPCではHDDリカバリーが主流ですが、無いよりは有った方が良いのは言うまでも有りません。

ドスパラとサイコムは似たようなものでしょうか。価格は少し差があるのですが、マザーボードが微妙に良く、電源は650WのSILVER認証。グラフィックボードもMSIとなるとドスパラとの価格差は妥当なところと思います。

グラボは各社チップセットしか表記が無かったのですが、サイコムだけMSIとメーカーが記載されていました。MSIは大手パーツメーカーなので、赤色というほどではありませんが黄色としています。ストームとの価格差は約3.2万円。これはストームの圧勝です。それなりに信頼性の高いパーツを使っている、選択しているというのがサイコムのゲーミングPCの特徴だとは思うのですが、これだけ価格差があると厳しいですね。

最後にエプソンですが、グラフィックボードがGTX760と前モデルとなり、価格はサイコムと比較しても約15000円差。実はGTX760はGTX960と比較しても悪いグラボではないのですが、これはちょっと厳しいか。万能BTOパソコンの方は価格だけ比較するとサイコムと大差なかったのでブランド力で押しきれたのですが、これぐらいの価格差になってくると厳しいです。

ちなみにNECは高速グラフィック搭載ハイスペックモデルでもグラフィックスはRadeon HD8570とローエンドだったので、除外しています。このスペックではゲームがまともに動くわけがありません。ノートパソコンも性能や排熱の関係で除外です。

ノートパソコンはゲーミングノートと謳って販売されているモデルもありますが、ゲームの場合は高負荷で発熱が高くなりがちで、長時間続けて使用することも多いことから排熱の弱いノートを選ぶべきではありません。高額に対してデスクトップよりも性能は低く、故障のリスクも高すぎです。


今おすすめのグラフィクボードはこちらでまとめています。 2015 春 オススメのグラフィックボードはこれだ!

新旧グラフィックボードの性能比較はこちら 新旧グラフィクボードを徹底比較!

BTOパソコンを買ったらこちら BTOパソコン購入後にやっておきたいことまとめ


宣伝「ちなみにBTOおじさんのお店のゲーミングPCにOS付けてCore i7にカスタムすると税抜き143518円。高くはあるんですがPCケースは高品質のCM690ⅢだしCPUクーラーは別付けでマザーボードもASUS H97-PRO GAMERと上のランクのものを使っているのでサイコムとは似たようなものだと思うんですよ。BTOパソコン BTO高知」ここまで宣伝(笑)

まとめ! ゲーミングパソコンの評価と評判ランキング

おすすめランキング NO.1 ストーム

Storm Power Gamer Evolution

限定版ながらもゲーミングPCはストームの圧勝です。サイトがわかりやすければもっと良かった(笑)。これはちょっとおかしいんじゃないかと思うぐらいの安さなので購入を検討されるのであれば早めに購入をオススメします。

おすすめランキング NO.2 ツクモ

G-GEAR MGS V 推奨PC

価格と性能、品質のバランスが良いですね。HDDが7200rpmだったら完璧でした。お店としても保証が充実していたりとオススメなので、2番目にオススメです。ストームの限定が無くなるとNo.1ですね。

おすすめランキング NO.3 サイコム

G-Master Mace H97-MGSV

価格は高くなりますが、使われているパーツの質は良さそうだったサイコムが第3位。ドスパラとサイコムはもう好みの差ぐらいですね。

おすすめランキング NO.4 ドスパラ

GALLERIA XT

もうホントにゲーミングPCはストームが抜けてるのと、ドスパラならツクモで良いと思うんです。サイコムとドスパラは非常に悩んだんですが、それもあってサイコムを3位にしました。でも中小ではなく大手で買いたい人も居ると思うので、4位にドスパラを挙げておきます。ちなみにツクモはヤマダ電機傘下なのでナショナルブランドを除く大手ならツクモです。

おすすめランキング NO.5以下 該当なし

PAGE TOP